いつまでも輝き続ける店舗とは…

星の数ほどある様々な店舗で彩られる街並みは、めまぐるしいスピードで移り変わります。
その中でいつまでも輝き続ける事が出来る店舗とは一体どんな店舗なのでしょうか?

商業として成り立つ為の基盤として、取り扱う商品が良い(技術が良い)接客サービスが良いという事は必要不可欠です。
その基盤の価値向上に飛躍的な効果を発揮するのが、店舗の内外装や販促ツール等の商業的ビジュアルで、商業的ビジュアルと商業基盤がよいバランスでリンクした時に店舗は輝きを放ち始めます。

商業的ビジュアルのプランニングは、経営要素でいう戦略でなければならないと私たちは考えます。
まずオーナー様からヒアリングしたい事は「こんなお店にしたい」という事の真髄です。

それはビジュアル的なイメージではなく、なぜ今回のリニューアルや出店の運びになったかという理由、そして戦略の全容。
そこには様々な理由があるかと思いますが、店舗である限りその理由から結び付くものは利益を生む店舗創りだと思います。

リニューアルや新店舗出店を考える時挙げられる理由の多くは、現店舗の劣化・顧客層を変えたい・商品イメージを打ち出したい(ブランディング)などの現店舗よりも売上向上を図る為の理由に加え、企業拡大及び税金対策などの理由があげられます。

オーナー様が思い描く事業計画を私たちにお聞かせ下さい。よりオーナー様と近い立場で考え、一丸となり戦略に基づいたプランニングをする事が、私 たちパスアートデザインの任務です。イニシャルコスト(投資予算)やリースなどの返済計画や、ランニングコスト(月経費)等の運営資金を見込んだ事業計画もお気軽にご相談下さい。

パスアートデザイン独自のデザイン理念

デザインを業態とする企業は、得意とするデザインテイスト(ナチュラル・モダン・シンプル等)を打ち出し、その趣向に合うクライアントと店創りをするというスタイルが主流だと思います。そういったスタイルはクライアントとデザイン面で意気投合し易く、とても有効な方法です。

しかし私たちは得意とするデザインテイストを限定しません。
感性という部分を必要とするお仕事ですので、デザイナー個人の趣向や得意なテイストはもちろんありますが、特に店舗設計に関しては出来るだけそれを固定しないように努めています。
なぜなら住宅であればお施主様の思い描くものを形を創る事が第一なので、趣向の合うデザイナーを探す事は大切ですが、店舗デザインはクライアントの求めるデザイン以上にターゲット層が求めるデザインを見極める事が必要で、時にクライアントが求めるものがそれに相違している場合には、店舗創りのプロとして適切なアドバイスが出来なければなりません。
その為には固定したテイストや趣向のデザインは時に邪魔になる場合があります。

流行は経済に大きく反映し景気が良くなると流行る店舗、反対に不景気に流行る店舗、今流行っている店舗がこの先ずっと流行り続けるという事は本当に難しい事で、ずっと変わらないように見える店舗でも緻密に計算された戦略で存続しています。どのような店舗でも求められるのは、時代に合った世の中が求める店舗です。
大半の店舗で求められるものは最先端で独創的なデザインではなく、普遍的でありながら他店舗との差別化を図れる店創りです。そのような店舗をデザインするには独創的と普遍的のどちらの感性も必要とします。多種多様な商空間を設計する為には、世の中の求めるものを見極める観察眼と枠にとらわれない柔軟性のある思考回路がなければなりません。

当社では様々な規模や業態の店舗様からのご依頼を頂いております。
その都度求められるデザインやターゲット層は全く異なりますので、どのようなターゲット層にもご対応出来る様、幅広い視野を養うよう心掛けております。
得意とするデザインを述べるとすれば、多種多様な店舗をプランニングする事で培ってきた、幅広い観察眼によって生まれる柔軟性のあるデザイニングです。

PAGE TOP